記事一覧

【そば処 百人町 近江家】味へのこだわりはもちろん、おもてなしの心があふれる接客が秀逸

新大久保駅前で百年以上営業している店『そば処 百人町 近江家は』新大久保駅の改札口を出て目の前にある横断歩道を渡った駅前にあるビルの1階にある蕎麦屋さんです。明治32年に南青山で開業し、大正5年から現在の新大久保駅前で暖簾を掲げている、老舗中の老舗のお店ですが、2014年に店舗をリニューアル、暖色系の照明で明るく照らされた店内は落ち着いた雰囲気で清潔感があります。椅子と椅子の間隔がゆったりしているだけでな...

続きを読む

【新大久保 ソウル本家】韓流コンセプトビル『K-PLAZA』にあるランチバイキングが食べられる韓国料理店

韓流エンタテインメントに特化した『K-PLAZA』にある韓国料理店、「ソウル本家」『K-PLAZA』は新大久保駅から大久保通りを反対側に渡り明治通りに向かい2分ほど歩いたところにある韓流ファンの聖地ともいえるコンセプトビルディングです。今回、紹介する「ソウル本家」はそんな『K-PLAZA』の3号館、K-PLAZA3の3階と4階にある韓国料理店になります。『K-PLAZA』は2011年12月にグランドオープン。1号館から3号館まで、韓国に関する...

続きを読む

【大久保 板橋冷麺(판교냉면)】韓国での約40年の伝統を持つ専門店の味わいは格別

自家製麺ならではの独自の食感の麺が食べられる冷麺専門店板橋冷麺(판교냉면)は大久保駅の北口からも南口からも徒歩で5,6分ほどの小滝橋通り沿いにある韓国冷麺の専門店です。店名にもなっている「板橋」は韓国語で「パンギョ」と発音する忠清南道 舒川郡の地名です。大久保の板橋冷麺を切り盛りするご店主の出身地であり、「板橋冷麺」はお母様が営んでいる冷麺店の名前、との事。韓国にはお母様の本店の他にお兄さんの店とお姉...

続きを読む

【カンホドンチキン678】~韓国でも人気のフライドチキン専門店

韓国でも人気のフライドチキン専門店です『カンホドンチキン678』は職安通りのセブンイレブンと「Cafe du Riche」の間の路地を入ってすぐの左手2階にある韓国式フライドチキン専門店です。店名になっている「カンホドン」は元韓国相撲の力士からタレントに転身した人でタレントとしてのキャリアも20年になるベテラン。看板やメニューでおどけた表情を見せてくれてる人が、カンホドンさんその人です。メニューはチゲや冷麺といった...

続きを読む

【西武新宿 Cafe du Riche(カフェドリッチェ)】~韓流ではない、リアルにソウルにあるカフェの雰囲気が味わえるカフェ

職安通りにあるゆったりしたカフェ「Cafe du Riche(カフェドリッチェ) 」は職安通りの大久保側にある、明るく清潔感のあるウッディーなカフェです。以前はちょっぴり高級な韓国料理店、「大使館」があった場所に2015年の春にオープンしました。「大使館」のさらに前、2002年の日韓ワールドカップ開催時には現在はライブハウスの「SHOW BOX」となっている場所にあった駐車場に、両国のサポーターが集って応援したことがちょっとした...

続きを読む