記事一覧

【そば処 百人町 近江家】味へのこだわりはもちろん、おもてなしの心があふれる接客が秀逸

スポンサーリンク

新大久保駅前で百年以上営業している店



『そば処 百人町 近江家は』新大久保駅の改札口を出て
目の前にある横断歩道を渡った駅前にあるビルの
1階にある蕎麦屋さんです。

ohmiya6.jpg
ohmiya1.jpg

明治32年に南青山で開業し、大正5年から
現在の新大久保駅前で暖簾を掲げている、
老舗中の老舗のお店ですが、2014年に
店舗をリニューアル、暖色系の照明で
明るく照らされた店内は落ち着いた雰囲気で
清潔感があります。

椅子と椅子の間隔がゆったりしているだけでなく
椅子そのものが大きめで、お客さんが
くつろげるように気が配られてます。

店内はエリア分煙でしたが
広々としているので
喫煙エリアからのタバコ臭が
気になることはありませんでした。

喉越しと食感にこだわった二八蕎麦



蕎麦は国内産のヌキ実を粗めに挽いて
天然石でろ過した水を打ち水に使用。
食感と喉越しにこだわった老舗ならではの
蕎麦が提供されてます。
ohmiya4.jpg

蕎麦屋さんの中には二八に十割、
代わり蕎麦等々。数種類の蕎麦を
提供しているお店がありますが、
近江家さんのそばは一種類のみ。

ohmiya10.jpg
ohmiya11.jpg
ohmiya12.jpg

長年にわたって受け継がれてきた
伝統の味への自信と誇りが感じられます。
ohmiya9.jpg

また、うどんも煮込みでいただいても
煮崩れすることのないしっかりした
食感のうどんでした。
ohmiya8.jpg

様々なシーンで利用可能な店です



店内に入ると待合スペースがあり、
左側にカウンター席、右側にテーブル席が
設置されてます。
また、個室も完備。要予約で
蕎麦懐石のコースメニューも用意されているので
一人でも、数人でも、ちょっとした
集まりでも、様々なシーンで利用可能です。

外国からのお客さんにも優しいお店



新大久保駅前、という国際色豊かな立地にある
お店だけに、お客さんの中には外国人の姿も
ちらほら。

近江家の店員さんは日本語のコミュニケーションが
とり難い外国からのお客さんにも
「おもてなしの心」で接客しているのが
伝わってきました。

近江家に食事に来た外国人は皆、
間違いなく日本に対して好印象を
抱くと思います。

もちろん、日本人客に対しての
接客マナーも素晴らしいかったです。

店  名:そば処 百人町 近江家
住  所:東京都新宿区百人町2‐4‐2サンビル1階
電  話:03-3364-2341
営業時間:平日 11:15-21:45(ラストオーダー21:10)
日祝 11:15-20:15(ラストオーダー20:40)
定休日 :毎週土曜日
アクセス:新大久保駅を下車、改札を出て横断歩道わたってすぐ

スポンサーリンク